台風後に気をつけたいこと

8月も後半になり、今年は少なかった台風が近々日本に近づく気配になってきました。

そこで、お問合せの多い「台風後の管理」について述べたいと思います。


台風の強風によって枝葉が痛み、病気の発生を抑えるためには、殺菌剤の散布が必要になりますが、意外と知られていないのが強風による断根です。地上部が揺さぶられることによるものですが、断根によって植物は抵抗力を失ってしまいます。早急に根の再生を計っていただきたいと思います。


根が痛んだ状態では、殺菌剤を散布しても、病気を抑え難くなります。

また液肥などの灌水は避けて、発根促進剤(EB-aエコなど)を灌水し、まずは根の回復を促すことをお薦めします。なお大雨によって土壌表面が固くしまっている場合は、表面を砕くなどして、水が入る状態で灌水を行ってください。


台風による災害がないことをお祈り申し上げます。

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年のテーマは決まりましたか?

しばらくブログをサボっておりました。申し訳ありません。コロナ第3波で、改めてSNSでの情報発信を大切にしていこうと、心新たにいたしました。 今年もどうぞよろしくお願い致します。 さて先日、某県が行っている「柑橘の葉面散布試験」の結果を教えていただきました。 葉面散布区と無散布区では、収量において30%の差があり、人件費や資材費を考慮した 最終利益においては、「散布区の方が5割も多かった」という結果

  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの

© Atech Co,LDT. All Rights Reserverd.

TEL: 0942-84-0877

FAX: 0942-84-7827