暑い時期の水管理について

農家の皆様、暑い中の作業本当にお疲れ様です。

暑い中少しでも皆様の作業軽減の為のご提案です。

浸透活性剤を配合した、多機能型葉面散布剤「ニューオスマックATB」のご紹介です。

優れた展着力と浸透力があるため、葉面散布・土壌散布ともご利用いただいている商品です。

暑い季節の苗の定植では、葉から水分の蒸散も激しい為、日中は苗が萎れることもしばしばで、水やりも大変だと思います。そんな時は、ニューオスマックATBの2,000倍液を、定植した苗の根に辺りに灌水すると、根からの水の吸収がとても良くなり、日中の萎れが低減できるのです。この時、土壌の水の保水性を向上させるEB-aエコ(300~500倍)の混用で、より根からの水の吸収が促進されます。

皆様熱中症にご注意ください。 







53回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年のテーマは決まりましたか?

しばらくブログをサボっておりました。申し訳ありません。コロナ第3波で、改めてSNSでの情報発信を大切にしていこうと、心新たにいたしました。 今年もどうぞよろしくお願い致します。 さて先日、某県が行っている「柑橘の葉面散布試験」の結果を教えていただきました。 葉面散布区と無散布区では、収量において30%の差があり、人件費や資材費を考慮した 最終利益においては、「散布区の方が5割も多かった」という結果

  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの

© Atech Co,LDT. All Rights Reserverd.

TEL: 0942-84-0877

FAX: 0942-84-7827